スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

2006年度の大会・部会 

■第1回つくば部会(2006年4月1日)

野尻正博氏(つくば市 経済部産業振興課 課長)
 「つくば市の産業振興施策について」

藤田哲史氏((有)ホームファーム・ジャパン 代表取締役)
 「発酵籾穀肥料製造プラントを使った事業展開について」

渡邉宏氏(宏明技研(有) 代表取締役)
 「脱サラの動機と海外進出を狙った起業と経営」


■第6回年次大会(2006年4月22日)

斉藤幹朗氏(中京学院大学 教授)
 「ライブドア事件とキャッシュフロー経営」

大橋正一朗氏(エー・アイ・パートナーズ会計)
 「新会社法と中小企業・ベンチャービジネス経営」

伊東信行氏(日経メディアマーケティング㈱ 常務取締役)
 「二大潮流―ネット革命と「貯蓄から投資へ」で問われる情報戦略」

稲葉慶一郎氏(ネクスト・ハンズオン・パートナーズ㈱ チーフ・マネージング・パートナー)
 「頑張れ!中小企業・ベンチャーファンド」  


■第12回定例部会(2006年7月15日)

小沼次郎氏(スタンダード&プアーズ 事業法人・公益事業格付部 SME格付けプロダクト・マネージャー)
 「中堅・中小企業の発展と格付け」  

巌谷龍氏(㈱グローバルマネジメント・ディレクションズ 代表取締役)
 「ホスピタリティ事業のターンアランドについて」

大澤賢一氏(㈱トミオ 相談役)
 「会社の創り方と譲り方」


■第13回定例部会(2006年9月9日)

清宮普美代氏(㈱ラーニングデザインセンター 代表取締役)
 「個人の能力開発から組織の能力開発へ」

高橋誠一氏(三光ソフラン㈱ 代表取締役社長)
 「二番手商法~一番早く成功する法」

川辺徹氏(㈱BUA東京 代表取締役)
「本格挙式を48,000円で提供するという事業」


■第14回定例部会(2006年11月11日)
林幸治氏(諏訪東京理科大学 助手)
 「中小企業の社債による資金調達の実態と問題点」

佐々木正隆氏(税理士)
 「地球環境問題と企業経営」

中山東吾氏(㈱グッドウイン 取締役)
 「経営者が知らないと損!保険の注意点 ~保険はコスト、無駄はキャッシュフローを圧迫します~」


■第2回つくば部会(2006年12月9日)

小島裕樹氏(㈱船井財産コンサルタンツ 第7事業部コンサルタント)
 「企業再生ビジネス」

町田功氏((有)まるせん米菓 代表取締役)
 「サラリーマンからの発起 そして中堅企業へ」

伊藤忠治氏(諏訪東京理科大学 助教授)
 「金融環境変化に伴う中小企業の経営革新」
スポンサーサイト
[ 2007/04/30 15:41 ] 過去の大会・部会一覧 |

2006年度 第5号 

『年報 中小企業・ベンチャー ビジネスコンソーシアム』は、本コンソーシアムの各年度の活動記録です。感銘を受けた講演・報告をもう一度思い出し、ビジネスに活かしてみてください。また残念ながら欠席された方、その時まだ入会されていなかった方、参考にしてください。


目次

第5号の発刊によせて/会長 鯨井基司

つくば市の産業振興施策について/野尻正博(つくば市 経済部産業振興課 課長)
発酵籾穀肥料製造プラントを使った事業展開について/藤田哲史((有)ホームファーム・ジャパン 代表取締役)
新会社法と中小企業・ベンチャービジネス経営/大橋正一朗(エー・アイ・パートナーズ会計)
二大潮流―ネット革命と「貯蓄から投資へ」で問われる情報戦略/伊東信行(日経メディアマーケティング㈱ 常務取締役)
頑張れ!中小企業・ベンチャーファンド/稲葉慶一郎(ネクスト・ハンズオン・パートナーズ㈱ チーフ・マネージング・パートナー)
二番手商法~一番早く成功する法/高橋誠一氏(三光ソフラン㈱ 代表取締役社長)
本格挙式を48,000円で提供するという事業/川辺徹氏(㈱BUA東京 代表取締役)
中小企業の社債による資金調達の実態と問題点/林幸治(諏訪東京理科大学 助手)
企業再生ビジネス/小島裕樹(㈱船井財産コンサルタンツ 第7事業部コンサルタント)
サラリーマンからの発起 そして中堅企業へ/町田功((有)まるせん米菓 代表取締役)
金融環境変化に伴う中小企業の経営革新/伊藤忠治(諏訪東京理科大学 助教授)
[ 2007/04/01 15:40 ] 年報および出版物 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。