スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

2004年度 第3号  

『年報 中小企業・ベンチャー ビジネスコンソーシアム』は、本コンソーシアムの各年度の活動記録です。感銘を受けた講演・報告をもう一度思い出し、ビジネスに活かしてみてください。また残念ながら欠席された方、その時まだ入会されていなかった方、参考にしてください。


目次

   
第3号の刊行によせて/会長 鯨井 基司
   
〈研究論文〉  
2003年中小企業の現状と課題/林 幸治(明治大学経営学部助手)
2003年度ベンチャー企業の現状と課題/趙 丹(明治大学大学院)

〈報告論文〉
都内ものづくり産業の現状と課題/斉藤 彦明((財)東京都農林水産振興財団)
中国ビジネス成功の条件/平沢 健一(G&Cビジネスコンサルタント代表 日中協力機構会長)
経済環境変化の下での中小企業の生き残りと成長/岡田 浩一(明治大学経営学部)
今なぜコンプライアンス?~中小企業も避けては通れない法令倫理の遵守~/阿川 功(司法書士阿川功事務所代表)
最近の法律改正と中小企業/伊藤 博(弁護士法人フェニックス代表社員弁護士)
ベンチャービジネスとフランチャイズシステム/金 美徳(㈱三井物産戦略研究所)
脱サラ新米社長の会社経営論/佐々木 敦也(㈱Jポイントキャピタル代表取締役)
中小企業の中国進出成功の条件/鯨井 基司(鯨井会計事務所所長)
中小企業の中国進出成功の条件/誉 林青容(上海交通大学大学院)
わが社の第二創業について/斉之平 信一(三州製菓㈱代表取締役社長)
企業支援とコーディネート活動/佐藤 利雄(花巻市起業化支援センター統括コーディネーター)
[ 2005/03/31 15:20 ] 年報および出版物 |

2003年度 第2号 

『年報 中小企業・ベンチャー ビジネスコンソーシアム』は、本コンソーシアムの各年度の活動記録です。感銘を受けた講演・報告をもう一度思い出し、ビジネスに活かしてみてください。また残念ながら欠席された方、その時まだ入会されていなかった方、参考にしてください。


目次
   
第2号の刊行によせて/会長 坂本恒夫
 
(研究論文)
日本におけるベンチャーキャピタルの役割とその影響/ 鈴木 健嗣(一橋大学大学院)

(報告論文)
我が社の中国進出について/内田 三男(株式会社コスモクリエイト)
永続する企業 THE LIVING COMPAANY を目指して/正田 繁(ファイナンシャルブリッジ株式会社)
コミュニティビジネスに人生を捧げる/喜多尾 将秋(株式会社自然堂)
日本における代替投資の広がり/久宗 雅人(ジャパンオルタナティブ証券株式会社)
ベンチャーキャピタルの投資判断-その基準と事例-/篠原 浩(UFJキャピタル)
新たな電子決済インフラ「電子手形サービス」について/高橋 秀実 (信金中央金庫)
外部ブレイン・外部資源を活用した事業転換事例-ウォータージェットと軽量材曲げ加工機の開発-/米山 俊臣(株式会社米山製作所)
メディア革命を経営のキーワードに/宮本 多佳夫(三研メディアプロダクト株式会社)
エコ事業における当社の過去・現在・未来の取り組み/佐藤喜政(東スリーエス株式会社)
倫理経営が21世紀を拓/熊谷 眞一(株式会社シーベル)
創業期の資本政策/山本 亮二郎(PE&HR株式会社)
医薬分業と薬品業界の規制緩和にビジネスチャンスがある!/品川 勇一(株式会社テイクファイブ)
ヘラクレス上場事例に見る最近の注目企業/村田 雅幸(大阪証券取引所)
[ 2004/04/01 15:17 ] 年報および出版物 |

2002年度 創刊号 

『年報 中小企業・ベンチャー ビジネスコンソーシアム』は、本コンソーシアムの各年度の活動記録です。感銘を受けた講演・報告をもう一度思い出し、ビジネスに活かしてみてください。また残念ながら欠席された方、その時まだ入会されていなかった方、参考にしてください。

nenpo2002.jpg


目次

創刊によせて/会長 坂本恒夫

(研究論文)
2002年度 日本における中小企業の現状と課題/林幸治(明治大学大学院)
2002年度 日本におけるVB・VCの現状と課題/趙丹(明治大学大学院)

(報告論文)
広告業のヤマト運輸を目指して/倉橋泰(株式会社ぱど)
カップ麺業界の三ッ星を目指して/大久保慶一(ヤマダイ株式会社)
〈中小企業・ベンチャー〉ビジネス・コンソーシアム設立の趣旨/坂本恒夫(明治大学)
信用保管制度の仕組みと活用方法/五十嵐久(東京信用保証協会)
国民生活金融公庫の融資業務と活用方法/岸田充雄(国民生活金融公庫)
国内立地を基本に開発型工場を目指す/大塚基冶(大塚セラミックス株式会社)
中小企業・ベンチャー向け公的支援策/奥山哲哉(中小企業総合事業団)
独立系ベンチャーキャピタルの起業育成策/川分陽二(フューチャーベンチャーキャピタル株式会社)
証券会社からみた未公開企業、IPO企業の動向/中岡元(新光証券株式会社)
研究開発型ベンチャーへの投資不全症候群を克服する/村口和孝(日本テクノロジーベンチャーパートナーズ)
[ 2003/03/31 10:42 ] 年報および出版物 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。