スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

第12回定例部会開催 

7月15日、第12回定例部会が明治大学リバティタワーで行われ、会員の皆様を中心に、講演会に約50名、懇親会に約30名が参加されました。

■第一講演
小沼次郎氏(スタンダード&プアーズ 事業法人・公益事業格付部 SME格付けプロダクト・マネージャー)
中堅・中小企業の発展と格付け

一般的に格付けは大企業、上場企業が取得するものと考えられています。しかし、中堅・中小企業も格付けを取得することにより、株主や金融機関、取引先といったステークホルダーへの透明性や安定性、信用力のアピールだけではなく、客観的な自社の位置づけを把握することで社内における目標設定や動機付けにも応用できるケースがあるとのことです。中堅・中小企業の格付けのニーズや可能性は、今後増加していくとのお話でした。

■第二講演
巌谷龍氏(株式会社グローバルマネジメント・ディレクションズ ホスピタリティグループ 取締役)
ホスピタリティ事業のターンアランドについて

巌谷氏はホテル資産にかかる価値分析・市場分析・運営分析や運営支援等ファイナンシャルアドバイザー等の豊富な経験をお持ちです。こうしたご自身の経験から、日本のホテル産業を取り巻く環境変化、ホテル事業の再生プロセスとデューデリジェンスについて解説していただきました。

■第三講演
大澤賢一氏(株式会社トミオ 相談役)
会社の創り方と譲り方

大澤氏は株式会社トミオを創立し、代表取締役会長を経て、現在同社相談役をされています。会社を創り、地元で尊敬される身分になったオーナー経営者の最大の課題は、会社をどう譲るかに尽きるとも考えられています。講演では、ご自身の経験から、後継者選びのスムーズな進め方、やめた後の人生の楽しみ方、さっさとやめるコツなどについてお話いただきました。

CIMG2057.jpg


CIMG2068.jpg


CIMG2075.jpg

[ 2006/07/18 11:40 ] 大会・部会の開催記 |

第6回 年次大会開催 

4月22日、第6回年次大会が開催されました。講演会には約60名、懇親会には約30名が参加されました。



斎藤幹朗氏(中京学院大学 教授)
ライブドア事件とキャッシュフロー経営

大橋正一朗氏(エー・アイ・パートナーズ会計)
新会社法と中小企業・ベンチャービジネス経営

伊東信行氏(日経メディアマーケティング 常務取締役)
二大潮流―ネット革命と「貯蓄から投資へ」で問われる情報戦略

以頭博之氏(ネクストハンズオンパートナーズ㈱ 代表取締役)
頑張れ!中小企業・ベンチャーファンド

DSC00012.jpg

DSC00038.jpg

[ 2006/04/25 11:45 ] 大会・部会の開催記 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。